社長あいさつ

この度はブルドックソース株式会社にご関心を寄せていただきありがとうございます。また日頃より弊社製品をご愛顧いただき心より御礼申し上げます。

弊社は1902年(明治35年)食料品卸商三澤屋商店として開業し、1905年(明治38年)にソースの製造販売を開始しました。この間115年以上にわたり、日本の洋食の歴史と共にソースひとすじに歴史を重ねて来ました。

さて、昨今の私たちの生活のスタイルの変化とそのスピードは目をみはるものがあります。「食」に関しても全く例外ではなく、まず「安心、安全」、そして「健康」、当然ながら「おいしさ」、さらには「簡便性」「楽しさ」「美しさ」といった様々なご要望を踏まえた商品を企画し、製造し、皆様にお届けしなければなりません。

かつ商品をお届けするだけでなく、それを食するシーンそのものを企画し、演出していくことも私たちブルドックソースグループが果たさなければならない重要な役割です。

このような環境下において、これから私たちブルドックソースグループがすべてのお客様に提供していくべき価値は、「自然の恵のおいしさで食の幸せを世界に広げていく」ことだ、と考えております。ソースは食の魅力を最大限に引き出す、自然の恵みを活かした調味料です。そのソースの事業領域をたれやドレッシング類までに広げていくとともにその原材料である香辛料や酢等を活かした調味料や事業等を展開することにより、このようなライフスタイルの変化に対し貢献してまいりたいと考えます。

私たちは、「幸福感を味わえる商品をお客様に提供すること」を経営理念として掲げております。「お客様やそのご家族が毎日元気で暮らしていただけること」こそが私たちグループが果たすべき使命と考えるからです。

ブルドックソースグループは、この社会的使命を果たし、全てのお客様にその価値を提供できるよう全社員一丸となって努力してまいります。

そして皆さんと共に企業も成長し、いつの時代にも食の幸せのとなりに寄り添う存在でありたいと願っております。

代表取締役社長 石垣幸俊